交通事故が起きたら

交通事故が起きてしまったときの困らない対処方法を紹介しています。

交通事故について話します

近年の交通事故はさまざまな事故があります。かつては自動車やオートバイの事故が殆どでしたが最近は自転車が目立ってきたのが特徴です。自動車で交通事故を起こした場合、自損事故でも他人を巻き込んだ事故でもとにかく小さな事故でも警察に通報する事が大事です。理由は警察に通報しておかないと保険が使えなかったり後から事故が大きな問題になったりしますので必ず通報しましょう。警察に通報した後は保険会社に連絡や、事故で人を怪我させた場合は即救急車を手配するなど迅速に行う事が大事です。また交通事故を起こすと罰せられる事があります。三つほどありますが刑事罰、民事罰、刑事罰とありますが刑事罰は事故を起こした事による罰則、民事罰は相手に損害を与えた事による金銭補償の罰則、行政罰は交通事故を起こした事による罰金や免許停止の罰則があります。いずれの罰則も交通事故を起こせば掛かってきますので知っておくべき事です。交通事故を起こして大事な事はその後の対応です。対応次第で刑が軽くなる事もあれば裁判まで行き重い罰則まで科せられる可能性がありますので怪我をさせた場合はしっかりと真摯に対応する事が大事です。自動車に乗っている以上は誰にでも事故の可能性はありますので常に安全運転を心がけましょう。