交通事故をなくすには、気持ちも大事

事故多発という看板を良く見かけます。
道路を車で走行しているときにも、看板があるとちょっと気を引き締めたくなるのです。
そう思うドライバーは、数が少ないのかもしれません。
大概は看板など見ないで、進入禁止のところでさえも平気で入るドライバーがいるのですから、これは問題です。
自分も交通事故を体験しているからこそ、運転にも慎重になるのですが、経験がない人は粋がってしまう傾向があるようです。
事故は、突然やってくるのです。
自分が気をつけていても、向こうから来るといこともあります。
気持ちが浮ついていたり、自信過剰であるがために、アクセルを踏み込み過ぎてしまい、結果ブレーキをかけたらスピンしてしまて、対向車とぶつかる。
交通事故を防ぐには、ドライバーの意識の高さも必要です。
車というのは、走る凶器とも言われています。
常に、気持ちを引き締めて運転しなければ、命というもの、生と死と隣り合わせとなっているのです。
だから、事故をなくすには気持ちが大事なのです。