最近の交通事故慰謝料事例の動向について

自転車による交通事故慰謝料事例が最近増加しており、その損害額も最高で数千万円になることもあるため決して軽視することが出来ません。最近は片手運転や脇見運転などにより自転車による事故の発生数が高くなっており、警察などでは取り締まり強化する習慣が始まっています。法律では自転車も軽車両扱いとなるため、仮に事故を起こしてしまった場合には加害者には被害者に対して賠償義務が発生することになります。また被害者が子供や老人である場合には、加害者が不利になってしまうケースが多いです。逆に加害者が子供や老人の場合には、若干賠償責任について考慮されるケースがあります。