医療保険に入る際には具体的な事例を見る

医療保険は公的な健康保険とは別に加入する保険です。公的な健康保険であれば医療費の負担は3割で済むので、治療に10万円かかったとしても3万円で済みます。では、その上でなぜ別の医療保険に入らなければならないのかというと、病気にかかったときの負担額を少しでも減らす為です。公的な健康保険には高額療養費制度があるので、一定額以上に医療費がかかった場合は3割負担ではなく1%の負担で済みます。通常は8万1000円以上の負担から1%で済むので、公的な健康保険だけでも十分です。